加具留矢流余

かぐるやるよ

GAEのフレキシブル環境でpuppeteerを使う

prill のプリント作成機能のコア部分にはpuppeteerを使っている。GAEでpuppeteerを動かしたくて試行錯誤した結果、フレキシブル環境でカスタムコンテナを使うことで動作に成功したのでそのときのメモ。後から調べたところによると適切に設定すればスタンダード環境でもpuppeteer動かせそう。スタンダード環境のほうがお手軽だし今から試す人はそっちを使ったほうが良いかもしれない。

↓ 参考記事 github.com

TL; DR;

  • GAEのフレキシブル環境ではカスタムコンテナを動かせる
  • Chromeを実行可能なカスタムコンテナを作れば好きにpuppeteerを動かせる
  • フレキシブル環境個人で使うには高いからスタンダードのほうが良いかも

カスタムコンテナを動かすための設定

下記のチュートリアルに従いapp.yamlを編集する。カスタムランタイムをフレキシブル環境下で動かすよ!という設定をしているだけ。

runtime: custom
env: flex

cloud.google.com

Chrome入りコンテナを作る

puppeteerの公式チュートリアルでは親切にDockerで動かすためのDockerFileを公開してくれている。これをGAE用に微修正してあげればOK.

github.com

# puppeteerのチュートリアルで公開されているDockerfileをGAE用に修正
# (修正)ベースイメージをgae用のものに変更
# FROM node:12-slim
FROM gcr.io/google-appengine/nodejs

# Install latest chrome dev package and fonts to support major charsets (Chinese, Japanese, Arabic, Hebrew, Thai and a few others)
# Note: this installs the necessary libs to make the bundled version of Chromium that Puppeteer
# installs, work.
RUN apt-get update \
    && apt-get install -y wget gnupg \
    && wget -q -O - https://dl-ssl.google.com/linux/linux_signing_key.pub | apt-key add - \
    && sh -c 'echo "deb [arch=amd64] http://dl.google.com/linux/chrome/deb/ stable main" >> /etc/apt/sources.list.d/google.list' \
    && apt-get update \
    && apt-get install -y google-chrome-stable fonts-ipafont-gothic fonts-wqy-zenhei fonts-thai-tlwg fonts-kacst fonts-freefont-ttf libxss1 \
      --no-install-recommends \
    && rm -rf /var/lib/apt/lists/*

# If running Docker >= 1.13.0 use docker run's --init arg to reap zombie processes, otherwise
# uncomment the following lines to have `dumb-init` as PID 1
# ADD https://github.com/Yelp/dumb-init/releases/download/v1.2.2/dumb-init_1.2.2_x86_64 /usr/local/bin/dumb-init
# RUN chmod +x /usr/local/bin/dumb-init
# ENTRYPOINT ["dumb-init", "--"]

# Uncomment to skip the chromium download when installing puppeteer. If you do,
# you'll need to launch puppeteer with:
#     browser.launch({executablePath: 'google-chrome-stable'})
# ENV PUPPETEER_SKIP_CHROMIUM_DOWNLOAD true

# Install puppeteer so it's available in the container.
RUN npm i puppeteer \
    # Add user so we don't need --no-sandbox.
    # same layer as npm install to keep re-chowned files from using up several hundred MBs more space
    && groupadd -r pptruser && useradd -r -g pptruser -G audio,video pptruser \
    && mkdir -p /home/pptruser/Downloads \
    && chown -R pptruser:pptruser /home/pptruser \
    && chown -R pptruser:pptruser /node_modules

# (追加)GAEではポート8080を公開する必要がある
EXPOSE 8080

# (追加)必要なソースコードとかのコピー
RUN mkdir /workdir
ADD . /workdir
WORKDIR /workdir
RUN npm install --only=production

# Run everything after as non-privileged user.
USER pptruser

# (修正)自前のアプリを動かすよう変更
# CMD ["google-chrome-stable"]
CMD ["npm", "start"]

デプロイする

一行で済んでめちゃ楽。

gcloud app deploy

やってることは本当に少し設定を変えてDockerFile作っただけ。必要なパッケージを好きにインストールできるのはフレキシブル環境の強みかも。